TOP » 第14回「eko・wood」

2004年12月21日
(有)プログレス
代表取締役社長 成田 氏
参加者 : 32名











 

<eko・wood>とは(有)プログレスが開発した、薬品や熱を使わず
「木を自在に曲げる」技術です。

従来、木を曲げるときは薬品を使用するとか、煮るとか、蒸気を利用する
などの方法がありましたが、いずれも木本来の組成を変えてしまうため、
強度が落ちたり、大きな収縮がおきたり等のマイナス面がありました。

「エコ・ウッド」は「ただの水」しか使わず、熱も使わないので多大な設
備投資もいらず、安価で安全、環境に優しい加工方法です。
なぜそんなことができるのか不思議ですが、ポイントは「含浸技術」だそ
うです。生木に水をどれだけ含浸させることができるかが勝負で、成田
社長はちょっとした偶然からそれを可能にするヒントを得ることができた
そうです。

この技術を使うと、6時間で木の芯まで染料を含浸させることも可能です
ので、どこを切っても中まで赤い木、青い木などができてしまうのです。
現在、この技術を使った曲げ木による洋服ハンガーなどが商品化され、
東急ハンズなどで売られていますが、照明器具や家具、建材関係にも面白
そうな素材です。